Soul Design 心羽

宇宙の法則 Core System で人生を変える方法

魂への橋渡し。ワンネスへの道 

 2017/01/27
1479 views
約 4 分
スポンサーリンク
ワンネスの世界へと戻り一段と穏やかな日々

Crystal Core のスクールのテキストも最終調整に入りこのスクールを正式に開始できるのももうそろそろかな〜とも思っています。

ここ数日でテキストの修正数も増えるような出来事ばかり、そして私もしっかりとワンネスに入りここで出てきたものは

”魂への橋渡し”

ワンネスへお連れするための道案内役です。もうこれに徹します。

 

ワンネスに来てしまえば、授業の知識・内容など本当は大切なものではないのです。

知識に捕らわれるからワンネスには入れないという思考ループを繰り返すことになりかねません。

だけど、思考でしかものを見ていない生き方をしてきた人類は・・・必要なのかもしれない。。と観念しました。

 

道がしっかりと見えてとってもスッキリしました。

また、これまで上級クラスとして特別価格で行っていましたがそれも受け付け終了とさせていただきます。

Crystal Coreが正式開始に伴いお申し込みください。

 

現在はワンネスより上のエネルギーは創造もつきませんが、それより先もあるのだとどこかで見えている気もします。

それが見えた時、またスクールも変わるのだろうと思います。

 

ワンネスへ連れて行ってくれるのは最終的に自分自身です。

私はその道案内しかできません。

知れば行けるところでもなく、自分が自分と繋がると内なる自分と一緒に行ける場所です。

自分が内なる場所の勘違いを知り見つけることから始まり、肉体と繋がり生きていくことで魂と一体化できます。

魂と肉体と私という意識が揃って行いけます。

 

ワンネスへと最終目標を変えたことで授業内容も変わりましたが、延長線上とはいえいらないものも継ぎ足すものもあったり、本来ならエネルギーと生き方そのものだけで、知識はいらないのでは?ティーチャーとして行う人だけでいいのでは?

その方が短期で料金も安くできるし、もっと多くの人がワンネスのエネルギーで自由に人生を構築し思い通りに引き寄せて・・とも考えていたのですが、それよりとても強力な思考という人間社会そのものに脱帽です。

私はなんだか人間社会というものと戦っているのかしら?とも思えてきます。

自分の内側を見せないよう、架空の世界を作り出した人間社会。

その中で楽しんでいる人もいるし、何かが違うと思い、魂と一体化するためにこの世界を使って戻る人もいる。

 

どのように使うかも人によって様々。

私はワンネスの世界を知るためにこの世へ来たみたいですね。

またそこへ行く人のためにも私はいる。

 

ワンネスの中で私は私の多くの共同体と一緒にいます。

そこは全て調和

だけどエネルギーの視点から見れば、この人間社会も全てが調和

やはり同じことが起こっています。

 

自分が変われば全てが変わる

とっても面白いですね。

 

そういえば、私がこの仕事を始めた時に出てきたものは

「心羽」の名前と「魂へ導き見守る者」でした。

本当に最終段階です。みんなでワンネスへと向かうこと。

最終段階ではなくこれからが始まりですね。私しかと数名しかワンネスにきてないからね。

それを伝えていかねば!

 

About The Author

心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)