Soul Design 心羽

宇宙の法則 Core System で人生を変える方法

流れに身をまかせる生き方の多くの人が勘違いしていること

2381 views
約 4 分
スポンサーリンク

流れ身をまかせる 


とよく言われますが同じことを聞いているのに、ふた通りに分かれます。


内に繋がって生きている人と外に繋がって生きている人の違いです。  


 


この2つは人生が真逆に作用します。


内に繋がっている人は大人になり、外に繋がっている人は子供になります。  


大人とは・・・決断力がある、目的からぶれない、愛が根底にある、感情を消すことができる、自分をコントロールできる・・ets


子供はその反対ですね。  


日本の”道”が付いたものを想像していただけるとわかりやすいかと思います。


私もまだまだで言えた義理ではありませんが・・・昔の方のほうがその力は大きかったですね。


間違ったスピリチュアルの世界へ入り崩れました・・・・偽スピリチュアルはご都合主義ですからね


本当、今を楽しく〜〜〜♪みたいな、キラキラワクワクとか感情を思いっきり表現!言わなきゃわかんない!


なんて言う事をしなきゃいけないという。。。  


意味のはき違いで真逆ですよ。。全く子供な訳ですね。


それも間違った幼稚という子供手に負えません。 逃げから来るのでしょうね。向上心とは真逆です。  


 


私は三種の神器を習得して、ようやく元に戻る手段を得たので戻る旅です♪


幼少はそうやって生きていたんですよね〜知らないうちにしてたんですが現実と重なっていたので 創造まではできませんでしたが、信念はそれらに近かったですね。  


 


そういえば息子に聞いた驚くべき話。


今のある一部の社会は(自己啓発してるところ?)


お疲れ様と言ってはいけないらしい ワクワク様 なんだそうで・・・マインドコントロールです。


疲れないようにしているようで。。。ある意味ブラック企業まっしぐらですね ネガティブの勘違い集団。。。  


日本人の労い(ねぎらい)の美しい言葉はどこへ行くのでしょうか?


というか、賛同している人って労いの心を知らなかったのでしょうね。


それとも、24時間働くんだ!!!と 自分や人の心も体も見ることもせず無視して犠牲にして経済社会にどっぷりとはまり込んでいるのでしょうか?


心の声を見させるのを完全に阻止してますね。


どうしたら思い込ませられるか。。。操り人形の出来上がり♪


と、話はずれましたが。。。   流れに身を任せるから、感情がなくなるんですね♪


任せられた時、感情は生まれないんです。


現実は幻想  


この辺りとも密接に繋がっています。


昔の人の方が大人でしたよね


今の大人見てると、どんどん駄々っ子になっているようです。


 


変な文化が入り込んだせいでもあるんでしょうが。。。 他国がこの精神を怖がって無くそうと必死になっている事は歴史上歴然ですしね って今は骨抜きですね。


一人一人の三種の神器をバラバラにされてしまってますから・・・   日本の「道」はまさに流れに身を任せた生き方です。


その生き方は諸外国から見れば聞き分けの良い操り人形のように見えたのでしょう。


ですから、言葉にすること・NOと言える人間になろう など言われるのです。  


その真相・心理がわからず日本という国がどこへ向かっているのかも分からないからです。


精神の鍛錬まで行えている国だったのですからね。


怠け癖を持っている国が魅力的に思えるのも仕方のないことなのでしょう。


きっちりとした生活よりもだらけた生活に憧れたわけです。  


言わなくてもわかるテレパシーに近い思想は崩れ去り、言葉に頼る国になったのです。


この傾向は女性に多く、お花畑スピリチュアルに女性がハマるのでしょうね。


女性は真実を見る前に感情に捕らわれてしまいますからね。


昔から女性への教育をしっかりすればよろしかったのでしょうが。。。 まるでアダムとイブのようですね。  


 


あなたは勘違いしていませんでしたか?


偽スピリチュアルに騙されていませんか?


ではどうすればいいのか?ということは、少しご自分でお考え下さい。  


 


「道」の流れや命を大切にすることなど、ちょっと立ち止まって考えるということをしてみてください。


情報を疑いもなく信じることではなく、考えるという力をつけてくださいね。


その力がなくては、自分と繋がることはできません。


自分との対話は考える力がとても重要になります。


本当の自分を知る方法 〜生まれ持ってきた宿命を探す〜 本当の自分探しの旅


あなたの作る世界へと進んで見てくださいね。


それでも出来ない時はコーチングにお申し込みくださいね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)