Soul Design 心羽

宇宙の法則 Core System で人生を変える方法

頑固って何? スピリチュアル的に見てみました。

262 views
約 5 分
スポンサーリンク

頑固という事について考えてみました。


という私も「頑固」です。


エネルギーがブレないから。


目的地へ向かっている時は尚更です。


私にとって「頑固」と言うのは褒め言葉でもあります。


道を開いた人は「頑固な人」エネルギーがブレないから道を成し遂げれたのですから。


私も、この法則を独学で見つけられたのは、頑固だったからだと思います。


今でも、更に進み見つけられているのもエネルギーがブレていないからです。


 


だけど、「頑固」にもふた通りいて、



  • 周りを変えようとする頑固

  • 自分の道を貫く頑固


両方とも頑固なんだけど、意味が違います。


 


エネルギーの世界での掟というか禁止事項があります。


なぜしてはいけないのか?というのは置いておきますが、(よく考えればわかる事なので)


「他人のエネルギーを許可なく変えてはいけない」


「他人の自由意志を奪わない」


と言うのがあります。


言葉で許可を得るのは、ほとんどが無理なので(思考はほとんど違う事を言います)エネルギーに対して行います。


 


自分自身に対しての「頑固」と言うのは、周りに強要はしません。


自分の目的に向けて切磋琢磨しているだけです。


目的に向けての「頑固」はありますが、周りに強要しても無理なことは分かっています。


もちろん、「仕事」になればまた話は別です。ある意味やって貰うために一緒に行なっていると言う事もありますから。


 


私自身が頑固なので、意見をコロコロと変える人、その場にとって都合よく変わる人って


「自分がないのか?」と思ったりしてしまいます。


多分、その人にとってどうでもいい事なので、変わるのだろうと思いますが、


貫く所もないのでは?と思う人にはあまり信用というのがありません。


だから、見た目を気にしてコロコロと変わる人って信用が見えないのです。(もちろん私にとってです。)


褒められたいがために、嘘をつくというのが一番厄介で、


子育て中でも、子供にはこの辺りはとことん自分を貫かせました。


「考える力」を持って欲しかったのです。


という、私もそうだったのです。


あまり褒められるという環境でもなく、その中で褒められると「バカにされてる」感が絶えなかったのです。


だって、「褒められる」って、自分より劣っているから褒められるんですよ。


または、自分よりすごく力があるか。どちらかで、同じレベルなら褒めませんよね?


同じに扱っていないから褒めない


というより、同等として扱ってもらっているから褒めない。


だから、子供の頃、褒められても嬉しくない。


相手には相当の余裕があるから。対等に見てもらえていないから。


同じ土俵にも立っていないから。


そして、大概の「褒める」って気分をよくしようとするもので、実際の「実力」って所は一切見てない


っていう事も分かるから。バカにされている感し、そんな世界って「低脳」としか思えない。


 


 


なんて話がズレてしまいましたが、


私にとって、目的があるから頑固になる。


夫は私のことを「頑固」「こだわりが強い」とは言いますが、直そうとはしませんでしたし、それによって気分を害する事もありませんでした。


夫も人を変えようとする人ではなく、「私」そのものを受け入れているからです。


もちろん、私も夫を変えようとはしていませんから。


そして、私の「頑固」ということに一番の恩恵を受けているのも「家族」だからです。


一つの事にのめり込むと一流と言われるような所まで突き進もうとする意欲なので(なってはいません、あくまでも意欲です)


こだわりのものを一緒に楽しめるのが家族だからです。


 


エネルギーでも、アロマ・健康でもパソコンでも恩恵を受けたのは家族だったのかもしれませんね。


聞けば分かるといった、情報源になってるみたいです。


外に出かけるより家のごはんの方が美味しいというのもこだわりがあるからですよね。


 


なので、何かにハマると、「次はどんないいことがあるのか?」ってなるんですよね


 


自分の行うことのこだわり。


もちろん人が何していようが関係ありません。


自分の行うことのこだわりだけですから。


 


一つの約束さえ守ればいいのがエネルギーの世界。


相手の自由意志を奪ってはいけない。


これだけです。


 


それが「頑固」と言われるのは、相手が私を変えたい時なんでしょうね。


私の自由意志を奪おうとしている。


議論・話し合いに持ち込むのではなく、感情で奪おうとしているので「頑固」と言われるのかもしれません。


見ている人の都合でそれらはコロコロと変わるものですね。


 


まあ、「頑固」ととらえる人もいれば、「意志力の強い人」ととらえる人もいる


「自分がある人」と見る人もいます。


見ている人そのものがどんな人なのかを表しているのだと思います。


結局、これも周りの評価でしかない。


という所に行き着きますね。


 

About The Author

心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)