Soul Design 心羽

宇宙の法則 Core Crystal で人生を変える方法

言葉の力 書くこと話すことで世界が変わる

2017/02/24
1558 views
約 3 分
スポンサーリンク

言葉の力は本当に強いですね。

と書くと言葉を大切にしなきゃ!って思いますよね?

そしてこのブログを継続して読んでいる方は「言っている事が違う」と思いますよね。

大丈夫です。私のこれからの話は全く違いますから。

 

あなたが話したり書いたりしているとき、あなたが言葉に触れていますよね。

聞いたり読んだりするのも触れてはいるんですが、あなたからは出ていません。

直接なのが話す事と書く事で間接が聞く・読む

「聞く」「読む」ことは案外自分と分離させるのが簡単なんですね。

自分の中に入れないと決めれば客観的にいられます。

 

ですが、書く・話すというのが分離させるのが少し難しくなります。

長くなればなるほど、気持ちが入れば入るんですよね。

ですから、私もブログを書きながらついついあれもこれも伝えたくなったり、間違えてとらえないように長くなってしまったり、人を騙しているようなものには熱く抵抗したり・・・

ついつい人間である私に戻ってしまいがちです。

 

そこで、言葉の力って自分のいる世界を変えてしまうほど威力があると。

私は1日の中で1人でいるのが9時間ほど家族が帰ってきてからの5、6時間ほどが人と触れ合う時間なんです。

家族とは良い空気が流れているのでエネルギーが干渉しあうこともありません。

が、仕事って本当に私の思いが大きいのですぐに引っ張られ世界が変わります。

目覚めてほしい、幸せになってほしい、望みを叶えてほしい、気づいてほしい、

いろんな思いがあります。

ですが、これもエゴなんですよね。

ですから、変えようとする事ではなく、変わろうとしている人だけが読んでくれていることを忘れちゃうんです。

私の中で変えようとしているエゴがいるんだなぁ〜と。そのエゴが私の世界を変えてしいます。

元々が、変わりたいという人しか来ていない・見ていないという事実を無視して来たんですよね。

ほとんどが検索エンジンから来てくれている方々ですからね。

本当にすみません<(_ _)>

この辺りが私が見ていなかった事実で、間違った確信を持っていたんですね。

エネルギーを変えてしっかりと修正いたします。

過去記事も整理し直しています。

 

中心にいながら全てを行うという基本が、言葉から感情というものに支配されて世界が変わってしまうんですね。

これではこの世では遊べませんね。

 

好きなものこそ外れやすい。好きだから外れやすい。

そこで練習すればどこでも出来るようになります。

他人ほど許せるけど、身内に近ければ近いほど許せないのと一緒ですね。

 

何事も基本が大切。

というか、知れば知るほど基本しかないんですね。

小手先のノウハウは基本が出来てから役に立つ!

中心にいなければ何も始まらない。

今までと同じものの繰り返し。

改めて思う日々でした。

 

創造である人生なのに、上手くできていない場所って創造ではなく以前の動き方になっているんですね。

癖って恐ろしいですね。

しっかりと中心にいて縦のラインで生きねば!と思うこの頃でした。

 

 





スポンサーリンク

About The Author

心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)