Soul Design 心羽

宇宙の法則 Core Crystal で人生を変える方法

自分を目覚めさせるのに必要なもの

2017/01/28
1891 views
約 3 分
スポンサーリンク

宇宙は覚醒のチャンスをいろいろと与えて来ています。

 

いつになったら目覚めますか?

どこまでくれば目覚めるのでしょうか?

 

どんどんと深刻化されていきます。

 

覚醒した人はその世界とは別の道をもう歩んでいます。

エネルギーでは違う世界を歩んでいるんです。

多くの人が目覚めない

目覚めるチャンスははもう起こっている

そのチャンスをみな思考と情報で見ないようにしている

考える能力を放棄してしまっている

判断を周りに頼る

みな慣れ親しんでしまった自分の過去の生き方と同じ生き方を選んでいる

洗脳されたこの世から目覚めなければ大切なものは守れない

 

男性性の強くなった時代だから起こってしまった。目に見えるものだけを信じてしまっているのです。

女性性を呼び戻し、バランスの統合 無意識であり、あなたの中にあるものです。

もちろん、男性性と女性性、どちらがいいのかではないです。

統合・両性と言う所に入ります。

 

どのように生きているか、

何を基準にして生きているのか

自分そのものが問われています。

あなたは神の力を使い何の神になっていますか?(あなたは何の神様?をお読みください。)

大切なものを基準として選んで生きている

 

選んでいる基準を見つけると、何を大切にしているのか見えてくる

頭で思っている事と、行動が一致しない、矛盾でいると葛藤・悩みとなります。

葛藤・悩みは自分のしている事が分からない状態です。

”考える”と言う事の本当の姿を知らないのです。

考えているのではなく、思考の情報を出し入れして、考えていると思い込んでいます。

 

初めて考えると言う事を知って、今まで考えていない事を知ります。

覚醒して初めて覚醒していなかった事を知ります。

Crystal Coreは本当に驚異だと思います。

扱い方でどうにでもなるんです。

だからこそ、選ばれたものだけが習得出来る。

 

フィルターがあると、そこでストッパーが効いて元の世界に戻ってしまうのです。

ひっそり行っており、見つけられた人にチャンスが与えられそれをものに出来るかの挑戦状!

アンテナ張って周波数・チャンネルを合わせていればちゃんと見つけられます。

皆さん、アンテナ張って自分と同じ周波数・チャンネルを引き寄せているんです。

引き寄せているものはどんな周波数・チャンネルでしょうか?

自分の合わせているチャンネルが見えてきます。

 

あなたが自分で選んだものはあなたの生活の中にいっぱいあります。

あなたの思考の中にあるものも、全てあなたが選んだものです。

それらを大切にしているのです。

 

意識は未来を、生きる物質世界では過去を大切にするのです。今の瞬間という物質世界は過去の集大成だからです。

これで全ての時をこの瞬間に大切にできます。

 

さて、ここでいう意識とは物質世界とは何を表しているのか?

よく考えてみてください。あなた自身がエネルギーと物質の区別をつける時です。

考え探求することをやめないでください。それはあなたが自分を取り戻す大切な作業です。





スポンサーリンク

About The Author

心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)