Soul Design 心羽

宇宙の法則 Core System で人生を変える方法

子供化が進む現代。悪い意味での子供になると危険がいっぱい

733 views
約 4 分

スポンサーリンク
二極化がかなりはっきり分かれてますね

エネルギー的に見ていると、子供のエネルギーと大人のエネルギーと捉えた方がわかりやすいのかもしれません。

そして流れ的というか、流行というか風潮・・・子供の方に多くの方が向かっているようです。

 

小さい頃から感じていたことですが、集合意識というのは中間というかバランスが良い場所にはいられないのか、傾き出すとあっという間に傾くんですね

移行期があり徐々に流れていくんだけど、丁度いい中間には瞬間に通り過ぎ

あっという間につき進んでしまうんです。

流行ってそうですよね。あっという間に皆同じ髪型に服装に話し方に変わっていきます。

結局バランスが悪いままで、強いものが変わるだけなんですね。

そしてこの情報社会のおかげか。。。この進み方が早すぎなんです。

エネルギーの伝染というか、強い(集合)ものに憧れる性質というか

流行りものに美を感じてしまうのですね

 

何に惹かれるかは、ご自分のエゴの性質によって様々ですが、それぞれエゴの特徴がよく出ています。

子供のエネルギーと大人のエネルギーは自分と繋がった生き方を自分がしないと区別はできません。

エネルギーを知ることと、その生き方で初めてわかるものです。

上手に利用しながらエネルギーを変えることもできれば

それらに流されて巻き込まれることもあります。

すべて料理に似ているように感じます。勉強でいうなら算数と理科ですね

だけど、エネルギーだけの世界は愛だけなので何も必要ないです。

 

そして、自分を愛するってこととは・・・

エネルギーの世界・自分と繋がった生き方をすることですべてがわかります。

自分が愛の存在であることを知り、愛そのものであったことを知り

その愛を与えるということが分かるからです。

心を込める・エネルギーを入れる

これらも同じことです。ヒーリングの力が変わります。

それらはすべて自分の core crystal が教えてくれます。

本当にcore  crystal  のエネルギーは偉大です。

そしてこの世界では2極性が存在しません。

ワンネスの世界で、愛だからですね。

 

良い意味で子供になれれば自分の愛や好きというところから人生を楽しく過ごせるのですが、大人が子供であるという時にはほとんどが悪い意味での子供なんですね。

感情に飲まれて駄々をこねている。大人だからその駄々のこね方がえげつない。

大人になると顔に出ているので、胡散臭い顔やおじちゃんおばちゃん顔になっています。

すっきりとしたお顔にはならないんですよね。

深層心理で自分でそのえげつなさを知っているからですね。

まあ、ほとんどの人は聞いてもいないのに自分で自己肯定して言い訳・理由づけを言っているか、開き直っているかどちらかですね。

 

2極性が進むってエゴに強くなるのか、愛に強くなるのかで中間がいなくなるんですね。

ネットの世界は匿名性もあるので強く出ていますよね。

その匿名性の気楽な部分が、本当のあなたを見せてくれています。

バレないからと行なっていることが本当の今のあなた。

人が見ているから、知られているからと無理をしているのはリアルな場所でストレスが溜まるんですね。

はけ口が今ではネットであったり、心許せる家庭であったり。

 

今の自分って今までの蓄積なんです。良いも悪いも蓄積されたものしか出てこない。

ワンネスは蓄積がない世界です。歴史がなく今しかない。

だから、愛という本当の姿に戻りやすいんです。

 

スクールではその理由を話すことしかできません。実践するかしないかは本人次第なんです。

落とし込み、そのようにして生きる癖をつけていかなければなりません。

理由を知ることで、今までの生き方がマイナスでしかないことを知るから動きやすいんです。

禁煙とかと一緒です。

 

結局本人がどこまで自分のことを真剣に考えているのかどうかなんですよね。

だって、それでも今までどうにか生きてきたからなんです。

もう嫌!って本当に悩んでいる人の方が早く進みやすいし、悩みが小さいほど進まない。

 

まあ、これはどんなものでも一緒なんですよね。

習い事でも、悩み解決でも、病気でも。

必要としている人が必要なものを選んで生きていきます。

でも、この時代能天気な人ほど力を奪われ体力奪われ生きる力を奪われて気づいた時には遅かった・・・って時代ですけどね。

お気をつけくださいませ。

 

感想・質問・リクエストはこちらから♪





スポンサーリンク

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)