Soul Design 心羽

自分と繋がる〜本当の自分を取り戻す〜宇宙の法則

意識と本心

89 views
約3分
スポンサーリンク

意識は自分を操作できるけど、思考は自分を操作出来ない。

自分を操作しているものは「意識」

意識が独立していると本来の自分の意思を持って操作できる。

だけど意識はどこにでもくっつき、くっついた先と仲良くなりすぎる(同化)と意識を乗っ取ってしまう(自覚)が神経の操作は出来ないので神経のズレを起こすようになる。
これが「自分」の勘違いと自律神経の乱れの始まり。

主に意識は記憶による感情とくっつきやすいので思考は感情を参考・土台・基準にしてしまう。

意識は自律神経と強く結びついている。
自律神経は操作出来ないと言われているけど自分を見ている人は自分で動かせることに気付いているんですよね。
気付いている人はある意味ここの正体をバラすとブーメランとして返り討ちに遭ってしまうので言わずにブラックボックス化しちゃうんですよ。

動かしているのは「本心」である自分が作り上げている中心であり心であり魂の中身で思考ではないんですよね。
動かそうとして動くものではないけど、確実に意思を持ってて動かしているんですよ。
これが無意識か有意識かでの違いになって、無意識だと気づかないし、有意識だと気づく。
意識があるかないかの話だけで、意識はどこにでも簡単にくっつく場所を変えるからね。

だから意識は自分の中心に入れておかないと全体が見えないし、自分においておかないと自分の体を他者に取られて他者の影響を受けやすくなる。
人の言葉に反応してしまうってことなんです。騙されたり、やりたくないことをしなくちゃいけなくなったり、勝手にその気にさせられちゃったりって事なのでお間違えなく。
判断を他人の手に委ねちゃってるんですよね。
これってお調子者もそうなんですよ。
褒めて伸びるタイプとかって自称している人はさらに神経がずれているのでお気をつけくださいね。

ほとんどの人は本心・本音・心・魂をみずに思考を見てるから嘘つきなんですよね。
自覚のない嘘つきで、自分さえも騙されているんです。

本心通りの人生を歩んでいるのに・・・・
自律神経を動かしているのと同じように人生も動かしてる。
動かしている元は同じものなんですよ。

意識は思考に騙されないように、神経を見ておかなきゃね。
神経はずっと本心・魂を教えてくれています。

世の中が狂ってるんじゃなくって自分が狂ってるからそう見えるだけ。
狂った生き方はしんどいよね。
何も手に入らないんだもんね。

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールでお知らせします。(無料)

11人の購読者に加わりましょう

YouTubeではこれからエネルギーがわからない人でも行えるような入門編として動画をアップしていきますので、本来の自分と繋がり自分を取り戻したい方、自然のリズムで人生を生きたい方は、YouTubeとブログをチェックしてくださいね。
みんなで本来の自分、自然のリズムで生きましょう♪

『チャンネル登録』をするとどこよりも早く動画が見られます!
YouTubeチャンネル登録はこちらをクリック

著者について

Soul Design 心羽代表心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク