Soul Design 心羽

自分と繋がる〜本当の自分を取り戻す〜宇宙の法則

体と心の関係

65 views
約3分
スポンサーリンク

体と心は繋がっている。
だから体の使い方を変えると心も変わる。
体が不調を起こすと心も変わってしまうと言えば想像がつきやすいかな。

不調の部分に意識が向いて思考がまわる。
体にとって不調の部分が思考に登る視点なんですよね。

人生で言うとトラブルを起こしている部分って感じかな。
これは病気・怪我ではなく体の「型」が崩れている場所になります。

スクールで伝えている「型」には重要視している部分が三つあります。

  • 肩甲骨

それぞれに支配しているものがあり、持久力・意志力・思考力を支配しています。
これが心と体の関係性の大きな1つかな。

言葉の内容ではなく、俯瞰して大きく見られるのもこの3つが揃ってくると得られる力ですね。
体が安定すると心も安定します。
大元の性格といった部分になるのかな。まずはこの3つを習得しないと何も始まらないし変わらない。
心と体の繋がりの重要な部分。

型を意識せずに歳をとるとこのつながりが薄くなっていくので、壊れたレコードのように同じ事を繰り返してしまい現状に合っている選択は出来ずに、今までと同じ事を繰り返してしまいます。
これはお酒に酔った時にも同じ事が行われていますよね。
何度も同じ話を繰り返してしまうのは、思い・感情の暴走で脳が働かずに脳記憶の自動運転を繰り広げているんですよね。現状や周りを見られずに思い・感情だけで振り切ってしまうんです。
心と体のつながりが切れちゃってるんですね。

心と体はほんのちょっとの事で色々と変化を起こします。
基本の型を基準にするとほんのちょっと変わった事で変化を感じられるけど、始めから大幅にズレているとズレすぎてて変化は全く分からない。
多少の変化じゃ全く分からないって・・・大変なんですよね。

自転車の初心者って真っ直ぐに走れず大幅にズレてても乗れていればOKという意識だけど、上手くなればなるほどほんの少しのズレが分かってしまうという感じかな。

心と体って意識しないと関係は薄くなっていくもの
薄くならないように意識がある。
正し、意識が自分という土台を見つけられるかで変わる。
「自分を生きる」を選択すると得られるもの。
自分を生きるから心と体を繋げられる。内側の世界を生きられる。
そこには宇宙そのものと同じであり、この世界が自分を通して分かるようになるから。

不思議なものではない。
現代のスピ系や宗教とか全く関係ないものであるがままを見る世界。

自分の体を通して知っていくもの・・・・

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールでお知らせします。(無料)

11人の購読者に加わりましょう

YouTubeではこれからエネルギーがわからない人でも行えるような入門編として動画をアップしていきますので、本来の自分と繋がり自分を取り戻したい方、自然のリズムで人生を生きたい方は、YouTubeとブログをチェックしてくださいね。
みんなで本来の自分、自然のリズムで生きましょう♪

『チャンネル登録』をするとどこよりも早く動画が見られます!
YouTubeチャンネル登録はこちらをクリック

著者について

Soul Design 心羽代表心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク