Soul Design 心羽

自分と繋がる〜本当の自分を取り戻す〜宇宙の法則

「知って幸せ」・「知らない方が幸せ」二つの世界

124 views
約3分
スポンサーリンク

この図は前の記事でも出したものだけど、この赤ラインが二つの世界を分けているんですよね。

私はずっと「幸せになりたい」と思い続け、2006年に自分の内側から「幸せになってください」と答えが来てから三位一体の内側の世界の扉が開き、翌年からスクールでこの三位一体の生き方を伝えるようにまでなったんです。
私が赤ラインのボーダーを超えた時ですね。

「幸せになってください」
この意味は「今この瞬間にあなたが自分で幸せに『なる』」という意味です。
伝わるかな?
エネルギーで「なる」を選べばいいと教えてもらったんです。
「幸せ」の選択を内側で行うという事なのです。

これをきっかけに更に内なる世界へとのめり込み早15年です。
エネルギー・思考から始まり、現在は神経と体と意識まで到達・・・長いようであっという間だったかな。

全ては赤ラインで区切られてて、図で言うと上と下になるけど、意識がどちらにあるか?なんですよね。
そして、どちらを知る事で幸せになれるか?という区切りでもある。

最近、思考のカテゴリー分けがようやく出来てきたのか
上の世界を知るって不幸だな・・・知らなければ幸せに暮らせるのに。と見えるようになってきたんです。
人間の本当に知りたいことは下の世界で、ここを知ると幸せになる。
日本に暮らしているのなら尚更そう思うのかな。
下から全部を見渡せる位置ってなんでも見えてきて楽しいですよ。

赤ラインより上の情報なんて知らなかったら知らないで済むものばかり。
知れば知るほど欲にまみれる。
いや、上にいるからエゴ・欲に変わるって感じかな。
選択も出来ずに動かされてしまうのが上の世界だものね。
見聞きしているものに動かされて選ばずにはいられない・・・選べなかったらストレスが加算されていく世界。

「欲しい」と思った瞬間に心を掴まれて買わずにはいられない・・・・買ってもストレス・買わなくてもストレスになるのがこの社会。
知らなければそんな苦労はしなくていいのにね。
しかも、自分がそう思っててそれを望んでいると錯覚までしているから手が付けられない。

自分の思考が土台になっているから信じて疑わないんですよね。
人生がそれで幸せになれると信じている。
一時の娯楽が幸せだとね。

物事に対して生きているからそうなる。
自分に対して生きていると物事なんて自分を知る道具でしかなく価値はない。

本当の価値は自分にあるからね。
自分の力は赤ラインの下の世界。
思いを考えるのではなく、意識が考える。

思考は何者にも変われないけど、魂は何者にもなれる。

思考と意識の混同から抜け出してくださいね。

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールでお知らせします。(無料)

11人の購読者に加わりましょう

YouTubeではこれからエネルギーがわからない人でも行えるような入門編として動画をアップしていきますので、本来の自分と繋がり自分を取り戻したい方、自然のリズムで人生を生きたい方は、YouTubeとブログをチェックしてくださいね。
みんなで本来の自分、自然のリズムで生きましょう♪

『チャンネル登録』をするとどこよりも早く動画が見られます!
YouTubeチャンネル登録はこちらをクリック

著者について

Soul Design 心羽代表心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク