Soul Design 心羽

自分と繋がる〜本当の自分を取り戻す〜宇宙の法則

自分という変換器

247 views
約3分
スポンサーリンク

人間というかエゴ・思考人間って変換器なんだなぁと思う。

見たもの聞いたものを何かに変換している。

常に何かに変換していて過剰反応している。

自分と繋がった生き方をしていると本当に過剰反応にしか見えない。
エゴが膨れ上がってしまった世界なんだろうな。
神経の使い方が不自然で気持ちが悪い。

リアルって変換してない。ありのままなんだよね。
ありのままの意味を理解するだけ。

だけど、理解ではなくてエゴ・思いに変換してしまう。そもそも「理解」という事が理解されていない。

理解していると言いながら理解出来ていないから思い・エゴに変換されてしまう。

んーエゴ・思いというものの発生源やエゴ・思いの理解が足らないのだろう。
そもそもが土台を理解していないのだから仕方がないとも言える。

最近「パンドラの箱」というものを久しぶりに耳にしたんだけど、パンドラの箱って解釈の仕方次第ではパンドラの箱を開けたものが目覚めるって事なのかな?と思った。

パンドラの箱を開けて自分のいらないものが解放されて希望だけが自分に残る。
自分と繋がった生き方なんだよね。

そして周りは自分のパンドラの箱を開けてないからエゴにまみれた生き方をずっとしている。

エゴを追い求めすぎたために精神がおかしくなる。
欲の塊が精神の狂いなのかも知れない。

精神が崩れても気づかない現代の常識の中にいる

それほど人間という変換器はエゴに進んでいるんだ。

リアルを生きる
人間の常識ではなく自然の常識の中にいる。
全てはバランス。

エゴの解放の残ったものは自分。
自分って希望そのものだものね。

ただ、人間はエゴの解放は電池の切れた人間だと思い込んでしまうぐらいに想像ができないほど体と意識を失ってしまっている。

自分という変換器なのか、自分というリアルなのか・・・・

リアルになりたいのならば、思いを無視してありのままを見るようにする事。
人間に合わせるのではなく自然リズムに合わせる事。

あなた自身そのものが自然になる事・・・

自然とは自然。人間でもなく、人間の思考でもなく、人間の思いでもない。
自然の自分って生き方を変えないと出てこないもの。
真逆の生き方をしないと出てこないんだよ。

自分の思い・思考なんて馬鹿馬鹿しいと思うぐらいになってから分かるもの。

自分の思いも思考も正しく人間に利用されてるものでしかないから。。。全くもって信用できない。

自分が希望そのものの世界だもの。

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールでお知らせします。(無料)

11人の購読者に加わりましょう

YouTubeではこれからエネルギーがわからない人でも行えるような入門編として動画をアップしていきますので、本来の自分と繋がり自分を取り戻したい方、自然のリズムで人生を生きたい方は、YouTubeとブログをチェックしてくださいね。
みんなで本来の自分、自然のリズムで生きましょう♪

『チャンネル登録』をするとどこよりも早く動画が見られます!
YouTubeチャンネル登録はこちらをクリック

著者について

Soul Design 心羽代表心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク