Soul Design 心羽

宇宙の法則 Core System で人生を変える方法

スピリチュアルメッセージ〜霊長類である人間〜

1441 views
約 4 分

スポンサーリンク
霊長であったエネルギー体、エネルギーを知るために形を持った

形を持ったために形に偏りすぎてエネルギー体を忘れエネルギーが見えなくなり人間になる。

 

今日受け取ったスピリチュアルメッセージです。

少し衝撃的でしたが、忘れないようにこちらに書いておきます。

以下に内容を書きますが、何も調べず考えずに生きてきた結果なのだと思います。

自分・自然・宇宙とちゃんと向き合えばこれらは分かっていることなのだと自戒を込めてあります。

それだけ私たちは自分からも自然からも宇宙からも離れ、人間が作り出した幻想社会を生きてきたのですね。

 

〜ここから〜

エネルギーが見えたのならば、儀式などはしないであろう

自分を知るのに道具は使わないであろう。

術などもいらないであろう。

形に意味を持たせないであろう

思想を変えないであろう

迷うことなく自分であり続けていただろう

自分であり続けるという本質が見えたであろう

スピリチュアル・スピリットは裏社会のNWOが作り出した今の形にはならなかっただろう

何故ならば、そこにあるもの(いまは見えないもの)に動かされないためである。

裏であるものと契約はしないのである。

いえ、契約ということをしないのです。契約・儀式が魂を売ること。

長であるために形を知りたかった、この世を安定するために見たかった。

場のエネルギーを調整し統治するためです。

喜怒哀楽は心の隙を作ることであり、現在目に見えないものに奪われることです。

喜怒哀楽はエゴでありさらにエゴに向かわせ、自分から遠ざけ、場のエネルギーも安定させない。

霊長はエネルギーを動かす力があるから喜怒哀楽は起こらない。当たり前にできるから。

本当の自分の力を知らないから喜怒哀楽が起こる。

願いを叶えるためにお願いし、頼り儀式をする。

捧げ物をし、お願いする。人間にも目に見えない存在にも同じことをしている。

それらは、エネルギー体の本当のあなたではなく、エネルギーを失った体と思考の存在であり、魂を売った状態である。

その状態で何をしても悪魔に加担した行動しかできない。

エネルギーが見えないからだ。

エネルギーを見えなくするために道具や術を広めたのだ。

綺麗なものに変換してだ。

人間社会的に一時的にエゴは満足できるが、エネルギーは満足はしない。

エゴの欲求は永遠に終わらず繰り返される。

霊長類として生きるのか、人間として生きるのか

〜ここまで〜

 

表の人間の綺麗事ばかりを追っていると罠にはまるのでしょう。

自分をしっかりと生きていると自然とそれらの情報は入ってきます。

浮かれていると隙ができますからね。

目に見えないものはエネルギーを見ています。

それらは匂い・音などもです。

本来の霊長としての仕事を忘れたものが邪気となり霊長として生きるのが正気なのかな?と受け取りました。

正気は人間社会の問題も問題ではなくなりますし、ワンネスであり、ゼロポイントであり、元の世界ですね。

全てはエネルギー・波動

あなたもあなたの周りも・・あなたの関わったもの全てにあなたのエネルギーが入り交わる

だからこそエネルギーをしっかりと持つことが大切であるし、クリアリングが必要になってきます。

私という場所は最も穏やかであり落ち着く場所であるのが本当の姿だからです。

私も精進してまいります。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)