Soul Design 心羽

宇宙の法則 Core System で人生を変える方法

幸せは大切にしているもので変わります。あなたが変わることで未来の全てが変わります

 2017/01/27
1399 views
約 3 分
スポンサーリンク
幸せになるということ

それには大切なものを知っていること

それらがなくなった時は生きていけないもの

あなたは何が大切ですか?

 

なくなっても生きていけるものに命を時間をかけてませんか?

人生を思い通りにするのも、健康・美しくなる事もすべてがこれらの事とつながっています。

 

本当に大切なものが何であるのか?

無くなっては生きていけないものです。

それらを大切にした時、健康も美も望む人生も手に入ります。

エゴが消えるからです。

 

その方法は自分の内側にあり、その人でしかわからないものです。

幸せを外に求めると外側に依存するしかないのです。

本来の自分の力を使わずに自分の力を捨て去ってしまいます。

 

自分に聴くと言う事は、この世の情報はすべてが仮説でしかない事を伝えてくれます。

何もわかっていない、仮設上今のところ成り立っているということです。

歴史も本当のことは表には出てきません。

どのようにでもできるのです。

 

常識なんて瞬間に変わってしまうのがこの世です。

人類は何もまだわかってはいない・・・

考える力を持てば誰でもわかる簡単な事なんです。

 

愛があり愛に生きたときそれらが見えてきます。

勉強でも情報量でもないんです。記憶の正しさや正解を求めることではないのです。

愛に生きた時、すべてに愛を持って生きた時わかります。

愛を生きる・愛になるとは、外に求めるのではなく

自分を見つめる事になるからです。

”私の愛とはこの生き方・言動・思考・食事・・・・なのだろうか?”  と考え始めるのです。

そして自分の内側とつながり生きた時

健康の先に美があり

人生・幸せは自分そのものと同じものであった事がわかります。

自分と同じものが人生で現れています。

自分を見なければわからない事です。

 

命をつなぎ、思考をつないでいる歴史

本当の事を知らずに繋いできています。

子供達に繋ぐエネルギー

物質世界では食になり、魂では思考

両方を手に入れないとカルマは切れません。

 

何をこの世に残していきますか?

それらは子供達が幸せを感じられるものですか?

それらが無くては生きていけないものですか?

健康でのびのびと暮らしていけますか?

笑って暮らしている子供達を想像できますか?

 

私はその中にスピリチュアルや宗教・自己啓発・占いの姿は見たくありません。

苦しいからそれらに頼る・・・そんな未来を残したくありません。

同じように病院もないほうがいいですよね

健康で健やかにいて欲しいです。

だからこそ、自分と対話して欲しい。

自分とつながって欲しい

外に頼らないで欲しい

そんなものが流行るのがおかしいと気づいて欲しい

不健康の原因である事を気づいて欲しい

何が心や体を病気にしているかわかるようになって欲しい

 

偽スピリチュアルや宗教はますます自分の力を無くすように仕向けています。

それらのカラクリをお分かりでしょうか?

お世話にならない未来を託すためにあなたから変わってください。

About The Author

心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)