Soul Design 心羽

宇宙の法則 Core System で人生を変える方法

幸せになれないのは好きなことの勘違いしているからかも!

 2017/03/22
2388 views
約 5 分
スポンサーリンク

本当に好きなものとは刺激がありません。

探求であり、自分が知りたい・極めたいと思うもの。

刺激というのは感情が出てくるものです。  

ここは好きだからするけど、ここは嫌いだからしない。なんていう御都合主義です。

 

好きというのは感動。 何をしてても辛くても苦しくても感動。 だから飽きることがないんですし、自己の向上なんです。  

刺激で好きなものというのは、感情を刺激してストレスという刺激を消すために行っているもの。

ストレスの原因がなくなればすぐにやめてしまうものですし、新しく興味があることが出てきたらすぐに乗り換えます。

良い刺激で見たくない自分を覆い隠せるものなんです。

一時の快楽と同じですね。  

 

好きなものってどんな状況下でもその状況に合わせてしているんですよね。

だけど、好きなものを刺激と勘違いして逃げてばかりいると自分の好きなものからも逃げることになります。  

感情の刺激というのはそれほど自分から遠のくことなのです。

感受性と感情との区別もついていないからです。  

感受性の強い人ほど感情豊かで表現が豊富だと思うかもしれません。

逆です。感受性が強いから表現ができるほど余裕なんてないんです。

一般に感情豊かで表現が豊富なのって何?と思いますよね

頭の中の感情と情報(記憶)いう部分の住人さんです。

何も現実見てない。

国語ができてない。

国語と感情を勘違いしている。  

感受性が低いから、周りの大人のように感情というものを作り逃げてちゃんと反応をしてあげなければならない・楽しませなければならない。

なんて人も多いですね。  

感情を作ったばかりにストレスという刺激を作る そのストレスから逃れるために代わりの良い刺激を求めての行動で刺激を与えることで逃げる。

それがこの世を生き抜くための最大の得策になっているんです。(サル真似の延長)

それで周りが動いてくれ、生き抜くための知恵になり、経済社会を生き抜くことが最大の目的になっているからです。

 

  現代を見ていると感情の表現の勘違いが媚び・優越感になって演じてる感全開(事前にどんな風にしようか考えてることありませんか?) 感情の表現には程遠いものですね。

そして誰のため・なんの為に生きているんでしょう?

ちゃんと自分と向き合い中を見たらわかりますよ。

感受性強い人は強すぎるから、グランディングが強くなり逆に冷静だったりするんですよ

今この瞬間にいるからなんですね。  

ありのままに受け止めその中を一生懸命に生きる。

刺激が当たり前の日常になっていると、常に刺激の中にい続けようとするし 穏やかが当たり前の日常にいると、穏やかにい続けようとする。

日常の中にストレス作り出して溜め込むように情報を与えられ続けているのです。

ストレスというものに変換してしまうのはまさしく国語ができていないということだし、 今この瞬間という事実の中にいないとことです。  

瞬間に頭の中の情報と感情という場所に逃げ込んでしまうのでストレスを作ります。

 

好きなことをしている人というのは穏やかなところにいます。

好きなことというのは刺激ではないので、何かを自分に与えてくれるものではありません。

どこまでいっても満足するものでもないでしょう。常に自分との対話の世界なんです。  

 

自分と対話できるから、すべてのところで同じだとわかるんです。

1つの道に行かせるものです。

刺激を求めての好きなものはその道へは行かせてくれません。

入り口にも到達できないでしょう。

目的は、刺激を解消するための刺激なんですから。  

 

このスピリチュアルという世界も、ほとんどがお金の問題が解消したらそんなのいらない っていう人ばかりでは?

人生のストレス解消を目的としてやるのは本末転倒です。

引き寄せも一番遅いです!

だったら、物質的に力技で稼いだ方が辛くても頑張った方が早くたどり着くかもしれませんね。  

エゴをなくしたらそれらがやってくるという仕組みですし、 それらのエゴが遠ざけているんですよ〜〜って言っているんです。

自分自身がエゴを作り出し、作り出したエゴが欲しいものを引き寄せない現実を創り出している。

エゴが大きい人ほど刺激の世界にいて好きなものを勘違いして生きています。

感情の表現も勘違いしたもので、豊かではなく貧素。。。演じているんですものね 現実見てないから、なんでもワーワーキャーキャー・・・まあ、それらが良いとされてるマスコミの情報に踊らされて真似して。。。自己に戻ることよりサル真似一直線。

それは、好きなことがなんなのかもわからない・・・っていうのは当たり前です。  

でも、分からない!って言える人はまだ大丈夫です。

自分を見ています。

刺激を好きな物としているのが一番厄介です。

勘違いの真っ只中なので気づけません。

逃げている人生にも気づけません。

一生だれかのサル真似をしながら生きていきます。

そのサル真似する人を誰にしようか?と探しているんです。

刺激がないと動けないんです。

刺激を受けて原動力になる。

刺激がなくても動けるものが好きなものですね。  

だからこそ、本物・偽物にこだわるんですね。

自分で見つけられないからであり、見つける目を持とうとしないから。 その目を持つことの重要性より、本物探して真似する方が刺激になるからです。

刺激を受けて感動している方要注意です。

 

”ちゃんと人の話聞いてる?、言ってることわかってる?” って言われたことありませんか?  

感情・記憶・情報という頭の中の住人で、現実という場所を探し出してみてください。

現実という事実の中にいるとき、その刺激は自分にとっていいものにしろ悪いものにしろ苦痛ですよ 体が訴えています。  

だから感受性が強い人は変えないよう穏やかに冷静になるんです。グランディングが強くなるんです。

ストレス・刺激に変えてしまったのは頭の中にいるためです。

頭の中にいると体も感じなくなりますからね。妄想の世界です。

現実を見たとき好きな物が見つけられます。

自己の向上であり、自分を生きる道が広がります。

 

猿真似しか教えてもらっていない今の現代。

もうそろそろ猿真似人生をやめませんか?

ワンネスの世界とは

こちらをお読みになるとどれだけ恥ずかしいかわかりますよ。

About The Author

心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)