Soul Design 心羽

自分と繋がる〜本当の自分を取り戻す〜宇宙の法則

自分との繋がりを邪魔をする機械リズム

147 views
約3分
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人間が作り上げた時間リズムが機械リズム


現代では簡単便利でスピードが求められ作り出している。


機械のスピードは常に速さを求め、何も理解していなくても、考えなくてもボタン一つで自動で動くようなものが求められている。


機械リズムは常に変わっていく。時代とともに変わっていく・・・


人間のエゴを埋めるものが作られていく。


そして中身が分からないものでも簡単・便利・最速・・・・・などの言葉によって使われていく。


原理の分からないもので埋め尽くされ、分からないものを分からないままで使い続けるのである。



自然リズムは変わらない。


これまでも・・・そしてこれからも・・・


原理はどこにでも当てはまり同じシステムで成り立っている


宇宙全体でも原子でも・・・その輪からは離れることはない。


常にバランスを取ることを目的に動いている



人間社会は常にどちらかに傾く


中立になる時間はほんの僅か


バランスをとっているのではなく、どちらが正しい?とその時代の常識によってどちらかに傾けさせようと必死になっている。


情報の争奪戦でどちらかに傾けようとしている


そして個人では認証欲求が強い人はシーソーのバランスではなく傾く事が大切になる。


常に正しいものを記憶に入れ、言葉を使う事によって認証欲求を満たしているだけである。


全ては自分の欲求のために生きているのである。



自然はバランスを取るために生きている。


いい状態を維持するため、いい状態にする為に長い年月をかけて作り上げていく。


それが見えない世界で起こっている。



自分個人のバランスを整えなければ何も始まらない。


周りに左右されている時間などない。


バランスが取れていないから左右されてしまう。


自分を確立できないで、自立出来ないで人の人生に口を挟めるわけがないし、答えなど持ってもいない。


自分がしっかりと自分を支えるのである。


特に日本という国柄、昔からよく言われている事でもある。


日本は精神の国。


精神統一はエネルギーを動かして生きていたから。


自然音を大切にし、音を出さずに生活してみる。


人間が出す音も嫌っていたのが日本という国である。


どれだけ昔の人はエネルギーを大切にしていたのだろうかと思う。


気を感じ取っていた国なのだ。


気配・音・匂いで感知し、視覚で裏を見ていた。



人間、元々は無


Coreに戻れば無


人間社会全てで教わっているもの・・・見て聞いているもの全てがCoreから離れる情報でしかない。


自立から依存へ向かった瞬間にエゴが生まれCoreではいられなくなる。



機械リズムは人間社会にとっては必要だろうが、自分と繋がる為には邪魔なものでしかない。


自分を取り戻す為に人生の一時を取るべきではないだろうか・・・・



ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

216人の購読者に加わりましょう

About The Author

心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。