Soul Design 心羽

宇宙の法則 Core Crystal で人生を変える方法

今、少し考えてほしいこと

2616 views
約 3 分
スポンサーリンク

もうすぐ今年も終わります。


ここで少し振り返ってほしいのです。


考えてみてほしいのです。


 


なぜそのように思ったのかを最初に説明します。


最近、別の仕事で「空き家」に入ることが数回ありました。


家人のいなくなった家


家人がいた頃と同じ状態、生活したままの状態です。


そこには、それぞれの生き様があります。


「この人は満足して去っていけたのだろうか?」「この生活で良かった・楽しかったのだろうか?」


と考えてしまったのです。


 


ここで少し考えていただきたい事とは


あなたの家、部屋を見渡し、この生き方でいいのだろうか?


満足できている生き方だろうか?


与えられた物(買ったもの)をちゃんと活用しているだろうか?


この人生を楽しんでいるのだろうか?


後悔しないだろうか?


 


ということです。


 


新しいお家とか、いいものを持つとかの物の価値ではないものです。


自分自身の生き方なんです。


毎日行うこと、行動。動き・・・


本当に「生き様」なのです。


物質ではなく、あなた自身の人間性という生き様の事です。


今のあなた自身でいいですか?


そのままでいいですか?


その生き方をずっと行っていることがあなたにとっての幸せですか?


 


何かがあったら幸せでその何かを掴むために今を頑張っているとかではありません。


それが無ければ幸せにはなれなくて、だから今は幸せではない。とかではありません。


周りが思い通りにならなくて、不幸せでいる。 とかでもありません。


あなた自身のことであり、周りや物ではないのです。


 


【ちゃんとあなたを生きていますか?】


 


お家には、その人が何を大切にしていたのかがよくわかります。


だけど残されたものは、金目のものばかり残そうとする。。。


多分、故人はそんなもの大切にしてほしいんじゃないんだろうなぁ


なんて思うのです。


自分が死んでも、物なんてほとんどが捨てられてしまう。


家ですら、趣味が合わないと今の時代は住まない。


そう考えると、物に執着するのが無駄でしかない。


今を生きるために必要なものだけでいいのだと気づく。


 


今、私にとって生きる喜びを与えてくれるものは、私自身。


私という生き方であり、生き様であり、人間力


 


今の私は、人の記憶にどう残るのだろうか?


どう映っているのだろうか?


 


記憶というのは恐ろしい


消すことは出来ない。


そして、見たものに対して、記憶の情報を元に意味付けをして判断を下す。


その判断によってこの世をずっと見ている。


見ているものを自分の人生にずっと取り入れ続け、本当の自分をなくしてしまう。


 


流れる無声映画を見るようにこの世を見る。


見ているこの世界に引きづられないように・・・・


常に自分でいられるように・・・





スポンサーリンク

About The Author

心羽
スピリチュアル〜三位一体・ワンネスをお伝えします。
人間社会(分離の世界)から見たスピリチュアルではなく、ワンネス(統合の世界)の世界からみた本当のスピリチュアルをお伝えしています。

心羽の視点からお伝え出来るスピリチュアルとワンネスの世界です。


2006年よりSoul Design 心羽を開設

透視ヒーリングを行う事でエネルギーをさらに深く理解し、元々持っていた科学・解剖生理学・進化論・哲学などの知識から宇宙のシステムが分かり独学で自分と繋がり「無」「ワンネス」を体験する。

独学で身につけた、科学・解剖生理学・進化論・哲学をエネルギーを元に紐解いた生き方でこの独自の方法は最も自分の能力を発揮し三位一体になれる方法。

透視やヒーリング、占いなどが「幸せ」や「豊か」から最も遠ざかり人間にとって最も大切な「人の内なる能力」「考える力」を失くす事が分かり透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講する。

より幸せになるには?
知るほどに大切なのは「自分とつながること」と、常に新しいものを発見しより早く簡潔に出来るよう現在も進化し続けている。

活動は金沢のみだが海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている

「自分とつながること」を軸に
「無」「ワンネス・三位一体」の世界を教えている
Follow :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 「原点回帰」ありがとうございます。

    • kokorobukuroさん
      コメントありがとうございます。
      何かのヒントになったのでしたら良かったです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)